堺市で相続不動産を高く売却したいならさかイーネにおまかせあれ

グルメ記事が多いさかイーネですが、不動産分野やビューティ部門もどんどん書いていかなければ、と思い不動産担当の私が書かせていただきます。

代表の私は宅地建物取引士という国家資格を持っていて、実際に不動産の営業もやったことがありますので、少しでもみなさんの参考になれば幸いです。

目次

堺市で不動産を相続した人が取るべきベスト行動

不動産を相続する人は、堺市に限らず日本全国全てにおいてその評価額に準じて相続税を納めなければなりません。

国税庁が定める路線価で計算される評価額によって不動産の暫定価格を算出し、その価格に順ずる暫定価格が(3,000万円+法廷相続人の数×600万円)を超えた場合、亡くなられた事を知った日から10ヶ月以内に納税しなければなりません

この日を1日でも過ぎた場合は追徴課税で余計に税金を支払わなければなりませんし、税理士さんに依頼→税額確定→納付というスケジュールなので知った時点ですぐに相談することが大切です。相続人が一人や二人の場合は割と簡単に処理できるのですが、2人3人、また5人以上相続人がいるケースも多々ありますので税額確定→納付まで数ヶ月かかる事を想定しておくのがベターです。

では不動産を相続する事になったのを知った場合にまず何からするべきか?という問題です。

①相続した不動産をそのまま保有する場合

この場合は直接税理士さんにご相談で良いでしょう

ただし、相続不動産の暫定価格がかなりの高額だった場合、相続税の金額も相当大きくなるため止むを得ず売却しなければならない可能性もありますので注意が必要です。

②相続した不動産が必要ないので売却して現金化したい場合

上記の流れからだと税理士さんに相談にいくのがベストなのかな?と思うのですが売却を検討される場合は不動産の相場金額の査定から始める事が良いのではないかと考えます

例えば堺市西区の例で出すと、上野芝駅周辺はかなり人気で土地の相場価格がどんどんあがっています。

国税庁が定める「路線価」の2倍の金額で取引されている例も多々あります。

その場合だと税理士さん経由で不動産屋に売却を持っていくよりも、不動産屋経由でまずは土地の現況の相場価格を算出し、税理士さんと一緒に税額や売却金額を決めていくのがより多く現金を残す方法だと言えます。

この辺りの判断はケースバイケースでどう動いていったら良いのかは分かれますので、一度さかイーネにお問い合わせいただけますと、相続に強い税理士や西区に強い不動産、堺区に強い不動産等さまざまなさかイーネスポンサーの会社さんの中から適任な方々をご紹介する事ができます。

さかイーネ編集部への相談は無料ですので、いつでもお気軽にお問い合わせお願いします

目次
閉じる